年間行事

喪中の友達に出す寒中見舞いの文例や出す時期は?

投稿日:

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]

喪中はがきが友達から届いた場合、
何も出さずにいるよりは何か一言でも元気づける言葉を書きたい。

喪中の人に対しては寒中見舞いで挨拶をすると
聞いたことがあるけれど、どんなふうに出せばいいんだろう?

寒中見舞いは普段から書く機会があまりないでしょうから、
そんな風に感じる人は多いと思います。

ここでは喪中の友人へ寒中見舞いを書く時の文例や
出す時期についてまとめていますので、
知りたい方はチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク
 

喪中の友達に寒中見舞いを送るには?


寒中見舞いとは、本来寒い季節に相手が体調を崩していないかなど
相手のことを気遣い安否を尋ねるために送られる挨拶状です。

これを出す時期が年賀状のやりとりをする時期と近いために
喪中のお家に年賀状でなく寒中見舞いとして様子を気遣う挨拶をする
ために使われるという慣習があります。


ですので、寒中見舞いでの挨拶文には「あけましておめでとうございます」などの
お祝いの言葉を書くことはありません。

喪中の家に年賀状の代わりに寒中見舞いを出すという考えの人は多いですが、
これはあくまで寒中見舞いとして相手の家に挨拶をするものですから、
年賀状に書くような文面をそのまま書いてはいけません。

送るのなら、寒中見舞いとしての挨拶をするようにしましょう。

喪中ということは相手のお友達は悲しみに沈んでいるわけで、
おめでとうなどの言葉を言うのは配慮に欠けます。

友達はきっと、そんな気分にはなれないですよね。

もちろん、喪中と一口に言っても亡くなった方との関係性や距離感により
その悲しみも様々ではありますが、
それを他人がうかがい知ることはできないわけですから
悲しみに沈んでいる人につらい思いをさせるような
寒中見舞いを送らないようにという気持ちで書いて下さいね。


また、年賀状で使ったハガキを使うのも控えましょう。

大抵「迎春」「あけましておめでとうございます」などの
祝いの言葉が入っているうえに、干支など新年のお祝いを
するためのデザインになっていると思います。

使うのなら通常ハガキという何も書いていない普通のハガキを使いましょう。
イラストも何も入っていないのは寂しいと感じる場合は、
季節を感じさせるイラストで、新年の祝い事には関係のないようなイラストの
ものを選んで使うようにしましょう。



また、たまに写真入りのものを使うのは大丈夫かと
悩まれる方がいます。

普段、季節の挨拶として寒中見舞いを出すのであれば写真入りでも
まったく問題はないと思いますが、今回は喪中の友人へ出すわけですから
写真入りというのはなるべく避ける方がよいでしょう。


季節を感じさせる風景などの写真であればまだ大丈夫かと思いますが、
子供の晴れの姿を映した写真や結婚式の写真など、
そういったこちら側の喜びを伝えるような写真は
特に配慮に欠けると感じられる可能性があります。


といいますのも今回喪中はがきを頂いた上で友人に対して
寒中見舞いを送られると決めた理由は何でしょうか。

喪中の相手に年賀状を送るのは駄目だと思ったからかもしれませんが、
マナーに詳しい人に聞くと喪中はがきを受け取ったからといって
相手に年賀状を出してはいけないわけではないそうです。

喪中はがきとは年賀欠礼ハガキのことを言います。
つまり、「今年は身内が亡くなり、祝いの言葉を口にする気になれませんので
申し訳ありませんがこちらからの年始の挨拶は失礼させて頂きます」という
ことをお知らせえうるハガキであって「年賀状を送らないでください」という
意味ではないからです。

なので喪中の相手に年賀状を送ってはいけないわけではないです。
送る場合でも「おめでとうございます」などの
言葉は使わない配慮が必要ですけどね。


ですが喪中はがきを受け取ったうえで年賀状を送る方は少数派です。

喪中はがきを受け取ったら、年賀状を送ってはいけない、失礼だという
認識があるからだとは思いますが、そういう認識があるのは、
例えお祝いの言葉を省いても年賀状というのはそれ自体が
新年を祝う挨拶をするために送るものであって、
喪中であることを知らせてくれた相手に
それでもあえて年賀状を送ること自体に
配慮のなさを感じるからではないでしょうか。


喪中はがきが来たら年賀状を出さずに終わり、という方が多い中、
あなたが寒中見舞いを出してまでお友達に
はがきを送ろうとしているのは何故でしょう。


大切な友達だから、喪中でも手紙を出したい、
落ち込んでいるなら励ましたい。
そういう気持ちがあるから寒中見舞いを出そうと
思われたのですよね。


先程も書いたように、喪中であるからといって
全員が全員悲しみに沈んでいるわけではありません。

悲しみの中にある方も、人の幸せを描いた写真が嫌なわけでも
ありません。
ですが、身内を失くして悲しんでいる人の心は多くの場合
とても敏感になっていて、些細なことでも傷つくこともあります。

明るく振る舞っていても、心の中に悲しみを抱えて
笑っている人もいるわけです。


そんな時に、幸せそうな写真がつけられた手紙が届けば
その方はどんなふうに感じるのでしょうか。

もちろん、相手を元気づけようとそういう写真を送り、
実際に元気が湧く方もいます。

ですが、反対に配慮のなさを感じさせ余計につらい思いを
させてしまう場合もあります。
これが正しいこととは思いませんが、はっきり言うと
幸せそうな相手と悲しくつらい自分を比べて
余計につらさが増すこともあるのです。


相手がどう思うのかは、相手にしかわかりませんから、
絶対だめ、絶対いいと言いきれるものではないですが、
少なくともあなたがご友人を励ましたいと思って
寒中見舞いを出される
ことは確かなわけですから、
お相手を悲しませるようなことにだけはならないよう
そういうこともあるんだと分かったうえで
寒中見舞いを書くようにしてくださいね。


スポンサードリンク



寒中見舞いを相手が喪中の場合の文例で友達に出すには


寒中見舞いの文例ですが、一般的には

①「寒中お見舞い申し上げます」
  やや大きめの字で先頭に書き、
②「喪中のことと存じ年始の挨拶は遠慮させて頂きました」
  年始の挨拶を遠慮したことへの一言を入れる
③「大切なご家族がお亡くなりになり寂しい日々をお過ごしのこととお察しします」
④「厳しい寒さが続きますが、どうかご自愛くださいますようお祈り申し上げます」
⑤「平成○○年1月」
  文章の終わり、左下に日付を入れる

これらを縦書きで書き、挨拶文ということなので句読点は入れずに書きます。

形式ばった文例で書くならこうなりますが、
友達に出すならばもう少し砕けた文章の方が
気持ちが伝わりますし、相手もその方が読んでいても
嬉しく感じると思います。


仲が良いのならなおさら、自分の言葉で書いてみましょう。
上の文例を参考に書くならこんな感じになるというのを
下に書いておきますので、参考にしてくださいね。


寒中お見舞い申し上げます

○○ちゃん お久しぶりです
喪中と聞いていたので年始の挨拶は控えたのだけれど
なにか一言かけたくて筆をとりました
大切な家族が亡くなってとても悲しく
そして色々と大変だったことだろうと思います
悲しみが癒えるのには時間がかかると思うけれど
今はどうか自分を大切にしてあげてくださいね

私の方は部署替えもあって慣れないことも多いですが
またひとつずつ頑張るしかないなぁと
ぼちぼちやっていくつもりでいます

寒い日が続くから○○ちゃんも
風邪をひかないように温かくして過ごしてね

平成○○年1月



こちらはより砕けた感じということで、
自分の近況なども加えてみました。

せっかくお友達に出す寒中見舞いですから、
こんな風に書いた方が気持ちが
こもってるように感じますね。

上のものも参考にしつつ、自分の状況に合わせて
文面を考えてみて下さいね。



寒中見舞いを出す時期は?


寒中見舞いを出す時期は1/8~2/3頃の間で出します。

たまにこの寒中見舞いを年賀状の代わりだとして
元旦に届けようとする人もいますが、
元旦に届けるのは年賀状です。

しかも年賀状だから年内に投函してもしばらく保管されて
元旦に届くように配達してもらえるのであって、
寒中見舞いを年賀状のように年内に投函すれば
そのまま普通郵便として年内に配送されてしまうと思います。


寒中見舞いには寒中見舞いを出す時期というのがあり、
元旦に出すのは早すぎますから出すなら1/8以降に出しましょう。


また、なるべくはやく出したいから8日までも
待てないと言う人もいます。

上に書いた期間も大体の目安ではありますから
絶対に出してはいけないなんてことはありませんが、
受け取る側が?となってしまわないようにという点には
気をつけて出しましょう。

ただ、年賀状の代わりに出すわけではなく、
寒中見舞いとして出すわけですからそんなに
急がなくても問題ないとは思いますね。



さいごに


いかがだったでしょうか。

喪中で気分が沈んでいる時に、自分を気遣って出してくれた
寒中見舞いというのはとても嬉しいものです。

いい寒中見舞いが書けるように頑張ってくださいね。

スポンサードリンク

-年間行事
-

執筆者:

関連記事

お盆にお墓参りに行けない場合はどうする?前後に行っても大丈夫?

お盆のお墓参りは普段なかなか行けないお墓参りに行く 機会ですが、お盆に行けない場合ももちろんありますよね。 仕事の都合や家庭の都合でどうしてもお盆の期間中に 行けない場合も出てくることがありますが、 …

七夕の短冊の片付けの仕方は?燃やす場合や流すこともある?

あなたのおうちでは、今年は七夕の笹飾りをしましたか? 七夕飾りを作ったり、短冊に書くお願い事を一生懸命 考えたりという経験は、とても素敵な思い出になりますよね。 けれど、楽しい七夕が終わった後に残るの …

お雛様を飾る時期はいつ?初めてのひな祭りを楽しもう

寒さに震える時期を超え、気温も上がり梅が花を咲かせ始めるころにやってくるひな祭りの日。 まだ寒さは残っていますが、春の訪れを感じ始めるこの時期に大切な娘さんのために飾られる雛人形は、娘さんの一生の思い …

お盆の墓参りはいつ行く?日にちや時間に決まりはあるの?

もうすぐお盆の季節がやってきますね。 普段なかなかお墓参りに行けない人にとっては、 お墓参りに行くいい機会かと思います。 けれど、お盆がいつからいつまでで、お墓参りの日にちに 決まりはあるのかなど、改 …

クリスマスプレゼントを子供に贈るにはどこに置くのがいい?

クリスマスプレゼントを子供さんに贈るには、 大抵枕元に置かれる方が多いのではないでしょうか? 親御さん自身も子供の頃目を覚ましたら枕元にプレゼントが あったという経験のある方もいると思います。 ですが …

はじめまして、当サイト管理人のみかんです。

ここでは日常の疑問に役に立つ情報や気になる話題、私の考えなどをまとめた記事を書いています。
皆様のお役に立てるようなサイト運営をしていきたいと思っています。

管理人についてより詳しく知りたい方はサイト上部にあります『運営者情報』をご覧ください。

2019年5月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031