旅行

福井恐竜博物館での化石発掘体験談【敷地内発掘編】

投稿日:

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]


今回は福井にある恐竜博物館で
化石発掘体験をしてきました!

この恐竜博物館に来るのは2回目ですが、
いずれも化石発掘体験しかしてないので肝心の
博物館内にはまだ入ったことないのですが…( ;∀;)

やっぱり化石発掘体験って面白いんですよねー。

そこで、同じように化石発掘体験がしたい!と思っている人に
私が行ってきた発掘体験についての感想を書いてみようと思います!

検討されてる方、よければ参考にしてみてくださいね(*^-^*)

スポンサードリンク
  

まず始めは職員さんの説明から


今回は恐竜博物館の敷地内での化石発掘体験をしてきました!

福井恐竜博物館の化石発掘体験で知っておきたいことでも説明したように
野外での発掘体験とは違い、
恐竜博物館の敷地内で行われる化石発掘体験60分コースは
その名の通り約1時間かけて化石の発掘体験をします。


恐竜博物館の敷地内に設けられた化石の発掘体験コーナーで
化石の発掘をしていくので、開始10分前に向かうと
もうそこにはすでにたくさんの人が!
椅子はほぼ満席で、しかも職員さんが前に立ってなにか話していたので
えっ、もう始まってるの?遅刻!?と思って焦ったのですが、
なんか前の方のお客さんと世間話をしていたようです。フー、ヤレヤレ。

時間になって、それでは始めますと言われてちょっと安心しました(笑)
皆さん行動が早いですね…


まず一番初めに職員さんから
化石発掘の際の注意事項と、道具の使い方、さらに化石を見つける際の
ポイントなどについて10分程説明がありました。

その中で恐竜クイズなんかもしてくれるのですが、
私は見事に全問不正解( ;∀;)アチャー

ですが周りには正解している人が結構いまして、
やっぱりこういうところに来る人は
恐竜好きな人が多いのかもしれませんね。


ここの発掘体験では石を叩き割って
化石を見つけていくのですが、主にシダなどの植物と、
貝や牙などの化石が発見されるそうです!

その中でも研究に使われるものは恐竜博物館の方に
渡さないといけないのですが、植物などの化石は、
数に決まりはありますが持ち帰っていいんですって。


これはいい記念になりますねー。


で、この説明の時に職員さんが言っていたのですが、
割と最近、ここの化石発掘体験で哺乳類の骨格を
発見した人がいる
そうなんです。

その発見は大変珍しいことらしく、そのことが書かれた
新聞の切り抜きなんかもたくさんありました。
いやーロマン溢れる話ですね。

しかもそれを発見したのは初めて化石発掘体験に来た
当時小学生の男の子だったそうで。
すごい(;゚Д゚)

きっとその子にとってはとてもいい
思い出になったと思います(*´ω`*)




いよいよ化石発掘体験の始まり


そんな話を聞いてワクワクしていると、
それではこれから発掘体験をして頂きますということで
発掘に必要な道具を借りに行きました。

使うのはハンマーとくさび、そしてゴーグルです。

ハンマーとくさびは石を叩き割るのに使うものですが、
かなりの衝撃なので同時に細かな石の破片も飛び散ります。

これが目に入ると非常に危険なので、ゴーグルを着用する
必要があるんですね。

私は眼鏡を使っているので少し不安だったんですが、
ゴーグルは大きいサイズだったので眼鏡をかけながらでも
使用することができました。


あと、軍手もいるのですがこれは自分で持って来てもらうように
恐竜博物館のホームページでも言われていましたので、
各自で持参したものを使います。

ちなみに、うっかり軍手を忘れた!となっても大丈夫です。
発掘体験コーナーの入り口に軍手販売所がありますので(笑)


でも、お家に軍手を置いてある人も多いと思いますので、
体験をする人は軍手を忘れないようにしましょうね。


スポンサードリンク



道具を借りたら、説明を受けた場所の横にある
化石発掘コーナーに入ります。

先程の説明を受けたところも屋根付きの場所だったんですが
化石発掘コーナーにもちゃんとした屋根がついていて
日差しが直接当たらないのが本当にありがたいですね。

私が行ったのはゴールデンウイークだったのでまだましでしたが、
夏休みなんかだともっと暑いと思うので、
屋根があると本当に助かると思います。


発掘体験コーナーには直径10㎝~5㎝くらいの
石が足の踏み場もない位にごろごろとしていました。

この石の中から自分で石を選び、くさびを石にあてて
そのくさびをハンマーで叩き石を割っていきます。


化石の発掘というと、叩き割ったら化石がポコッと出てくる
というようなイメージがあると思います。が、
まあ、割っても割っても何も出てこないです(笑)

割る石を選ぶ時点で、化石が入っていそうな石を選ぶ必要もありますし
石の層の向きに合わせて割っていくなど、
化石発掘にも色々なポイントがあるんですねー。

化石の入っていない石をどれだけ割っても
やっぱり化石は一向に出てこないですしね(;´・ω・)


そしてそういうポイントに気をつけて石を割っていても
化石を見つけられるかどうかは運の要素もいると思います。


化石を探して石を割っていくのは楽しかったのですが、
流石に1時間近くやっていると疲れてきまして。

発掘体験コーナーの周りにある低い石垣に座って
足元にある石を手に取って眺めていました。


というのも、最初の説明の際、足元に落ちている石の表面に
すでに化石が見えているものがある
と職員さんが言っていたからです。

石を割ってもそれが化石だと気づかずに捨ててしまっていることが
あるということですね。


なのでその職員さん曰く、まだ石を割ることのできない小さい
お子さんでも、そういった石を拾って見ていくだけで
化石を見つけることはできますよ、という風にお話されていました。


しかしまだまだ化石に対して目の肥えていない私には
なかなか見つけることはできず…(*_*;

すると、発掘の様子を見て回ってくれていた職員さんが
石を拾って見ている私に気づき、その辺りの石をちらちらと見て回ると
ある石を拾って渡してくれたんです。


そうしたらそこには植物だとわかる形をした化石が!!\(^o^)/スゴイ!

植物の化石は石の表面に黒色で植物の形が書かれているような、
そんな感じの見た目でした。

もう、すっごく嬉しかったです!
すぐに化石を見つける職員さんの熟練ぶりにも感動で。



しかもその後もう一つ植物の化石が入った石を拾ってくださったんです。
おかげさまで、おみやげにその化石を持って帰ることができまして、
本当に感謝ですし、とてもいい思い出ができました(*^-^*)

発掘中、他のお客さんも積極的に職員さんに質問していましたし、
これって化石かな?という時でも見せると教えてくれるので
皆さんも体験に行かれる場合は職員さんに遠慮せずに
質問すると色々教えてくれると思いますよ。



さいごに


そんなこんなで化石発掘体験は終わったんですが、
終わったのにもうすでにまた行きたい!と
私は思ってました(笑)

今回化石発掘体験をしてみて思ったのは、
発掘に一番大切なのは『化石を見る目を養う』ということでした。

化石の入っていそうな石を見分けたり、出てきたものが化石であるかどうかを
判断できたりといった力が化石を見つけるには一番大切だと思います。

実際、割って出てきた化石に気づかずに放置されてるわけですしね(;^ω^)

素人ではなかなか難しいことですが、
だからこそ職員さんの説明をしっかり聞いて、
回ってくれている職員さんに質問しながら化石発掘をしてみてくださいね。

スポンサードリンク

-旅行
-,

執筆者:

関連記事

しらびそ高原で食事は可能?レストランやおすすめグルメは?

しらびそ高原では素晴らしい風景を 望むことができますが、 素晴らしい風景にはおいしい食事も欲しいですよね。 しらびそ高原に行くにはそれなりに時間もかかりますから、 朝に出発して丁度お昼時に到着するなら …

しらびそ高原へのアクセスは?道路はどんな感じ?駐車場はある?

長野県といえばやはり有名なのは雄大なアルプスですが、 今回は南アルプスの赤石山脈を望むしらびそ高原に行ってきました。 普段に生活している分には拝めない高く険しく壮大な山々ですので、 つい見とれてしまい …

福井恐竜博物館の化石発掘体験談【野外恐竜博物館編】

福井に旅行に行った際、恐竜博物館で発掘体験に行ってきました。 化石発掘体験ができるところは結構限られていると思いますし、 普段はあまり経験できることではないので 恐竜に興味のある人は行ってみたいなーと …

福井恐竜博物館の化石発掘体験について知っておきたいこと

今回は福井にある恐竜博物館で化石発掘体験をしてきました! すごく楽しかったのですが、もしこの体験を考えている人がいるなら、 事前に知っておかないと混乱してしまうかも?と思う所もありまして。 そこで、こ …

下栗の里へのアクセスや駐車場、ビューポイントまでの行き方は?

長野県は秋は行楽にもピッタリの魅力的な県ですが、 おすすめスポットがたくさんあってどこに行くか迷いますよね。 私自身、昔から長野にはよく行っていたのですが、 今回は長野県飯田市にある下栗の里に行ってき …

はじめまして、当サイト管理人のみかんです。

ここでは日常の疑問に役に立つ情報や気になる話題、私の考えなどをまとめた記事を書いています。
皆様のお役に立てるようなサイト運営をしていきたいと思っています。

管理人についてより詳しく知りたい方はサイト上部にあります『運営者情報』をご覧ください。

2019年5月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031