年間行事

七夕の短冊の片付けの仕方は?燃やす場合や流すこともある?

投稿日:

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]


あなたのおうちでは、今年は七夕の笹飾りをしましたか?
七夕飾りを作ったり、短冊に書くお願い事を一生懸命
考えたりという経験は、とても素敵な思い出になりますよね。

けれど、楽しい七夕が終わった後に残るのが後始末の問題。
特に願いを書いた短冊の片付けをどうすればいいのか、
悩む人も多いようです。

そこで、七夕の短冊の処理の仕方や笹の捨て方は
どうすればいいのかについてお話しますので、
気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク
  

七夕の短冊の片付けはどうすればいい?


七夕が終わって片付けないといけないものは、
笹と笹飾り、そして短冊ですね。


昔ではお焚き上げで燃やしたり、
川に流すといった風習がありました。

しかし今ですと、
これらはすべて燃えるゴミとして廃棄することが多いようですね。


笹はかさばるのでのこぎりなどを使って笹を短く切り、
ゴミ袋に入れます。

笹飾りは、燃えるものと燃えない物を分けて
それぞれのゴミの日に出します。

そして、短冊も燃えるゴミの日に出すことになります。


ただ…短冊に関しては、ゴミに出すのは忍びないという人も
大勢います。
一生懸命考えた願い事が書かれた短冊を、七夕が終わったとはいえ
ゴミに出してしまうのは確かになんとなく心が痛みますよね(;´・ω・)


そういう理由から、笹と笹飾りだけは処分して
短冊だけは取っておくという人もいます。

あるいは、片付ける前に笹や短冊の写真を撮って
思い出に残しておいてから、燃えるゴミに出してしまう
という人もいますね。


けれど、短冊をずっと取っておくのもちょっと面倒だし、
でもやっぱりゴミに出すのは…という人もいるかもしれません。

実は、ゴミに出す以外でもおすすめの短冊の処分方法があります。


それは、神社でお焚き上げをしてもらうという方法です。

七夕は元々神事として行われていたものでもあるので、
神社にお願いすれば預かった短冊を神社のお焚き上げで
一緒に燃やしてもらうことができます。

この方法の方が、単にゴミとして片付けてしまうよりも
短冊に対しての配慮があって心も痛まない方法かと思います(*^-^*)


ただ、どの神社でも受け付けているわけではないので、
七夕の短冊をお焚き上げしてほしい人はお近くの神社に
問い合わせて、どうすればいいか聞いてみてくださいね。



七夕の短冊を燃やすのは大丈夫?


七夕の笹や短冊は燃やして処分するという話を
聞いたことがある人もいるかと思います。


お正月の飾りを燃やす風習があるように、
七夕の笹や短冊も燃やすことが昔は多かったようです。

また、地域によっては今でも七夕の飾りを燃やす
風習が残っているところもあります。
保育園などでも、笹や笹飾り、短冊を片付ける際には
燃やして処理することがあるようですね。

これは、短冊などを燃やした煙が天に向かって
上がっていくところから、空にいる織姫と彦星に願いが届くように
という祈りを込めて燃やすという意味もあるそうです。

とてもロマンチックですね(*´ω`)


で、自分の地域では燃やしているという話は聞いたことないし…
家の庭で燃やすのは大丈夫なのかな?という人もいますよね。

七夕の笹や短冊を燃やす場合は、
お正月のとんど焼きなどと同じ扱いになるので
敷地内で燃やしても問題ありません。

ただ、気をつけないといけないのがご近所への影響です。
燃やした煙は臭いもありますし、洗濯物にその臭いがつくなど
近くの方へのご迷惑になる可能性があります。


そういった心配がない人は庭などの敷地内で燃やすといいですし、
住宅街で難しいという人はゴミに出すか、
上で書いたように神社に相談してみるといいですね。

燃やす場合は、火が消えるまできちんと見届けて
終わったら灰に水をかけるなど安全に気をつけて行いましょう。



七夕の短冊を流すのはあり?


七夕が終わると短冊や笹を川に流すという風習を
聞いたことがある人もいると思います。

これは「七夕送り」と呼ばれていて、現在でも
川に短冊などを流す習慣がある地域もあるそうです。


ですが笹や短冊を川に流すのは環境破壊につながるということで、
最近ではこの風習もなくなりつつあるそうです。

あるいは、川に短冊や笹飾りを流しても、
その後川下で回収というパターンもあるようですね。


七夕の短冊を川に流すのは風流な光景ですが、
環境へ配慮するなら、あまり個人では
行わない方がよいかもしれませんね。



さいごに


七夕の短冊や笹を片付けた後の処分の仕方は
燃やす、川に流す、ゴミに出すなど
色々とあることがわかりましたが、
現在では燃えるゴミとして出すことが増えたようですね。


ただ、願い事を書いた短冊に関しては
やはりゴミとして出すのは気が引けるもの。

そういう場合で、かつ家で保管しておくのも避けたい人には
神社でのお焚き上げに出すという方法があることも分かりました。

やはり一生懸命書いた短冊ですし、ゴミとして片づけるよりは
神社で丁重に処分して頂く方が気持ちも楽かと思います。

ご自身の希望に合わせて、どのように七夕の片づけをするのか
考えてみてくださいね(*^-^*)

スポンサードリンク

-年間行事
-

執筆者:

関連記事

お盆にお墓参りに行けない場合はどうする?前後に行っても大丈夫?

お盆のお墓参りは普段なかなか行けないお墓参りに行く 機会ですが、お盆に行けない場合ももちろんありますよね。 仕事の都合や家庭の都合でどうしてもお盆の期間中に 行けない場合も出てくることがありますが、 …

お雛様を飾る時期はいつ?初めてのひな祭りを楽しもう

寒さに震える時期を超え、気温も上がり梅が花を咲かせ始めるころにやってくるひな祭りの日。 まだ寒さは残っていますが、春の訪れを感じ始めるこの時期に大切な娘さんのために飾られる雛人形は、娘さんの一生の思い …

お盆の墓参りはいつ行く?日にちや時間に決まりはあるの?

もうすぐお盆の季節がやってきますね。 普段なかなかお墓参りに行けない人にとっては、 お墓参りに行くいい機会かと思います。 けれど、お盆がいつからいつまでで、お墓参りの日にちに 決まりはあるのかなど、改 …

こいのぼりを飾る時期はいつ?3分でわかる簡単解説

もうすぐ端午の節句、こどもの日ですね。   男の子がいるお母さんであれば今から色々と準備に大忙しかもしれません。   けれどかわいい息子のため、一緒に楽しいこどもの日を迎えたい! …

クリスマスプレゼントを子供に贈るにはどこに置くのがいい?

クリスマスプレゼントを子供さんに贈るには、 大抵枕元に置かれる方が多いのではないでしょうか? 親御さん自身も子供の頃目を覚ましたら枕元にプレゼントが あったという経験のある方もいると思います。 ですが …

はじめまして、当サイト管理人のみかんです。

ここでは日常の疑問に役に立つ情報や気になる話題、私の考えなどをまとめた記事を書いています。
皆様のお役に立てるようなサイト運営をしていきたいと思っています。

管理人についてより詳しく知りたい方はサイト上部にあります『運営者情報』をご覧ください。

2019年5月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031